スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らくがき№190 (ティファ)

eni0190.jpg
文月は『下の毛』を描く人なのですが、それでも普段からよく「描いた方が良いのか?」と悩む事があります。
描かない方が楽だからってんじゃ無くて見る側の『需要』の方が気になったりします。最終的には「自分の絵なんだから自分の好きに描けば良い」のでしょうけど、自分自身どっちが好きなのかよーわかっとらんのです。

毛が生えてるのは極普通だし、パイパンor極端に薄い人も嫌じゃないし、描くの楽だし。
まぁ大は小を兼ねるでは無いですが「あった方が剃るって楽しみも残される」と言うヘンテコな理由で、結局はほとんどのキャラの下の毛を描いてます。
リアル思考だからって訳でじゃないんです。下の毛に関しては。

思考もそうですが描く場合リアルに描き過ぎ無いようにしています。
結局、最初に書いた思考が邪魔してリアルな『ちぢれ毛』を描くの躊躇しちゃうんです。

下の毛だって奥が深いのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

文月みそか/文月晦日

  • Author:文月みそか/文月晦日
Blog内を検索
告知
『百姓繚乱コナギいっき!~人外魔姦伝~』応援バナー
カテゴリー
最新の記事
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。